電話エッチでナンパが出来るぞ!

スマホライブチャットアプリ大全集

パパ活女子が急増!出会い系アプリやライブチャットアプリにも流れてくる?!

更新日:

パパ活女子が急増!出会い系アプリやライブチャットアプリにも流れてくる?!

JKビジネスなるものを皆さんは御存知でしょうか?

事件沙汰にもなっていることもあるので多くの人がご存知かと思われます。

一言で言ってしまえば男性を対象とし、JK(女子高生や18歳未満の女性)を利用した接客サービス業と言ったところです。

その中でもよく耳にするのが『JKリフレ』という商売ではないでしょうか?

JKリフレとはどのようなものか簡単に解説いたしますと、女子高生が個室で手や足裏マッサージなどを提供するリフレクソロジービジネスであります。

一時は女子高生ではありませんでしたが、秋葉原にコスプレ衣装の女性にマッサージをしてもらえるリフレもかなり流行りましたが、それが女子高生から施術してもらえると言ったものですね。

これがかなりの社会問題になっているのですが、マッサージを逸脱して男性客と個人間のやり取りで過剰なサービスの提供を行ったり、また売春行為も続発していったことが大きな要因だったようです。

「JKリフレ」は風営法の「性風俗特殊営業」には該当してなかったのですが、警視庁は18歳未満の未成年による個室でのマッサージを、性的興奮を与える有害業務と位置づけて、2013年、「労働基準法違反」 によって「JKリフレ」を廃止に追い込んでいました。

しかしこれがJKビジネスを更に加速させるきっかけにもなったとも云われており、その後、「JK見学クラブ」・「JK作業所」・「JK撮影会」・「JKお散歩」などサービス形態を変えて続出していったのです。

ですが、こういったJKビジネス裏に潜むものがJKリフレでもあるような、男性客と個人間のやり取りによる売春行為であり、結局の所は男性もそれ目的の強い男性も少なくありません。

このようなJKビジネスを利用している女性側にもメリットを感じている部分が強く、何よりも若いうちは大変な思いをしなければ高額な所得は特に女性は得れないものです。

そういった彼女たちにとってもJKビジネスは欠かせないものであり、今回のようなJKビジネスの縮小傾向は彼女たちにとって痛手となっているようですが‥。。。

ツイッターやSNSなど無料出会い系サイトで募集を募るJKが増えてくる?!

ツイッターやSNSなど無料出会い系サイトで募集を募るJKが増えてくる?!

このJKビジネスの厳しい取り締まりが強化されたことによりJKビジネス難民となった彼女たちはネット潜行、都外に移動している傾向が見られてます。

下記のようなニュース記事が報道さてます。

店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年
 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生ら少女は店から姿を消した。警察当局内では、インターネットの世界に“潜行”したデート援交が、児童買春に発展することへの懸念がある。規制条例のない都外の店に、少女らが移動している現状も指摘されている。

 「ランチご一緒しませんか」「平日夕方から都内で」。短文投稿サイト「ツイッター」などでは、デート援交を持ちかけているとみられる書き込みが相次いでいる。警視庁は警察官が身分を明かさずに連絡をとり、実際に会って注意や指導をする「サイバー補導」に力を入れている。

 捜査関係者によると、デート援交は「パパ活」などとも呼ばれ、1回あたり数千円を受け取り、一緒に食事や散歩などをする。「表のJKビジネスで働けなくなった女子高生らがインターネットで小遣い稼ぎをしている可能性が高い。児童買春などの犯罪にもつながり、危険だ」。同庁関係者は警戒感を強める。

 JKビジネスは平成20年ごろに秋葉原で始まり、現役の女子高生らが働くことで物議を醸した。当初は制服を着て添い寝などをする「リフレ」が主流だったが、外を一緒に歩く「散歩」や、会話などをする「コミュ」といった業態が登場。一部の店舗では、性的なサービスをする「裏オプション」と呼ばれる違法行為が明らかになった。

問題に対処するため、都は平成29年7月、規制条例を施行。営業の届け出を義務化してJKビジネスの実態把握と違法業者の排除を進め、警視庁が把握する店舗数は同年6月の76店舗から、今年6月には37店舗(届け出数)に減った。

 ネットを介したデート援交の横行以外にも、無届けの違法店舗がJKビジネスと称して少女を派遣するケースが確認され、警視庁が摘発を進めている。

 JKビジネスに詳しいノンフィクションライターの高木瑞穂さんは「少女たちの一部は規制条例のない別の都市で働く場所を求めている」と指摘する。高木さんによると、首都圏郊外のJKビジネス店には「未成年でも働けますか」などの問い合わせがあるという。

 愛知県や大阪府では都と同様の条例が施行されている。神奈川県や兵庫県でも今後施行される予定で、JKビジネス規制は広がりをみせている。高木さんは「規制を強めることだけでは少女が巻き込まれる犯罪の抑止にはならない。SNSなどの監視も強化していくことが大切だ」と強調する。
引用元;産経ニュース

上記のように条例のないエリアでJKビジネスを行ったり、ネット上でパパ活と称して男性を探す女性も増えてきているようです。

このJKビジネスは所謂『裏オプション』と処される性的サービスを男性の客と女性との間で取り交わされて、例えば店外でそのような性的な関係を未成年と行うことが問題視されていたします。

ですので、かなり厳しく取締が強化されているものの焼け石に水状態が続いており、実際のところはお店とは関係なく取り交わされることにより歯止めがかからない状態になっているようです。

そして最近若い女性たちの間で流行っているパパ活です。ツイッターやSNSなどでは援助相手の男性を募集する女性の書き込みも少なくありません。

今後さらにインターネットやスマホのコミュニケーションアプリを利用した彼女たちが増えていくことが予想されます。

若い女性たちがパパ活目的で利用しているのが出会いアプリ

若い女性たちがパパ活目的で利用しているのが出会いアプリ

さて今回のように別交渉や裏オプショっとしてJKと援助交際に同様な状態が横行している昨今ですが、これはけっしてJKだけではないのが実態です。

当然といえば当然ですが、成人である女性であってもパパ活やデートクラブ・交際クラブがあるように個人同士で取り交わされればたとえ売春行為だったとしても止めることは厳しいものです。

以前このような記事を紹介しました。

某アイドルもライブチャットアプリ経験あり!?悲惨な芸能事情!
某アイドルもライブチャットアプリ経験あり!?悲惨な芸能事情!

私が最近エロ電話を楽しんでいてつくづく感じていることが、本当に美人、美少女、きれいな女性を良く見かけるようになったと実感しています。   まあ私が歳を重ねるとともに数年前までは少女、二十代前 ...

続きを見る

上でも紹介したように若い女性であれば金銭的に乏しいことが多いわけで、特にこのような地下アイドルなどは夢を追いながら厳しい生活を余儀なくされるのが実態です。

なるべく苦労なく、且つお金を稼ぐためには今回のようなパパ活や芸能界だと枕営業が横行している話もよく聞きます。

これは一般の若い女性たちにも同じことが言える状態でもあり、女子大生やフリーター、若妻・新妻などの専業主婦もパパ活や所謂「デート援交」等を行っているケースが急増しています。

特にそれが目立っているのが出会い系のアプリです。

ワクワクメールなどが最たる例ですが、女性利用者数がここ数年でさらに急増しており、異常なほど出会い発展率が上昇しています。

パパ活目的の女性も当然増えていますし、人妻も浮気相手を探す目的として利用している女性が大変多いです!

そしてライブチャットアプリです。これがかなり侮れません!

当サイトでも多くのライブチャットアプリを紹介しておりますが、単純にチャトレとしてお小遣い稼ぎをしているだけでなく、パトロンを相手を見つけるためにビデオチャットを利用している女性もいます。

ですが基本的にライブチャットアプリ全般に言えますが、ナンパ行為や出会いを持ちかける誘導的な行為は違反行為としているところが殆どです。

ですのでチャトレにそのような「会いたい」・「遊ぼう!」・「ご飯でも食べに行かない?」などのやり取りはすぐに運営側に見つかりアプリ利用を停止させられたり、最悪の場合には規約違反事項により罰金を科される可能性もないとはいい切れません。

ではどのようなタイミングでパパ活している女性が男性に話を持ちかけているかと言うと、スマホでのツーショットビデオチャット中です。

エンペラータイムとまでは言いませんが、この最中は運営側に監視し辛い状況であり、例えば音声でのやり取りやノートやメモ帳などにパパ活の意思を示した内容のものを記載しそれをビデオチャット中に映すといった行動をとっているのです。

このようなやり方でライブチャットアプリでもパパ活をしている女性もいるのようなのです。

【まとめ】出会いアプリでパパ活女子をゲットが無難です

【まとめ】出会いアプリでパパ活女子をゲットが無難です

JKビジネスから出会い系アプリやライブチャットアプリでのパパ活女子の急増しているなどの実態を今回はご紹介させて頂きました。

パパ活は簡単に言ってしまえば「個人売春」です。

このような個人売春が横行する要因は貧困が大きなファクターとも云われています。

金欠の女性にとってパパ活のような表向き体の関係を築かずに、デートだけ、食事だけ、お喋りするだけで男性から支援をしてくれることはかなり美味しいと感じることでしょう。

特に若い女性・JKのような女性は中高年の男性からしてみれば高嶺の花でもあり、禁断の果実でもあります。

ただ支援としてだけで近づく男性も本心としては肉体関係を築きたいと考えます。

女性も逸脱した行為はイケないと知りつつも、援助してもらえる相手に嫌われることは避けたいと考えてしまい、体の関係に至ってしまうことが多いようです。

未成年者との性交渉が犯罪とわかっていても多くの男性はこの犯罪に手を染めがちです。

流石に当サイトで紹介しているような出会い系アプリやライブチャットアプリではそのような未成年女性はおりませんが、やはりパパ活希望の女性は少ないとは言い切れません。

ですが再度念の為に申しときますが、女性との性的勧誘や売春行為をアプリ上で行うことは違反行為でありますし、犯罪に抵触する恐れがありますのでくれぐれもご注意下さい。

そして当サイトではそのような買収の斡旋やパパ活を行うことを促しておりません。当サイトではそのような行為に対して一切の責任を負いかねますのでそちらを承知の上で遊んで下さい。

そういった事を加味した上でもパパ活女子を見つけて出会いに発展したい場合には、やはり出会い系アプリが無難かもしれません。

出会いをもともとは斡旋し提供しているアプリでありますし、出会いに持ち込みやすく実際に出会ってからパパ活女子であれば女性の方から交渉されることがあります。

またモデルの卵や駆け出しのアイドル、女子大生や浮気願望の強い人妻と出会いやすいのもこの出会いアプリです。

ただしパパ活を希望している女性もライブチャットアプリには流れているのも事実であることだけは最後に触れておきましょう。

-出会いアプリ・エロアプリ

Copyright© スマホライブチャットアプリ大全集 , 2018 All Rights Reserved.